足の小指を骨折 2

調査実施:骨折と診断された後の処置と経過

6/11先ほど診察室で第五基節骨折2箇所と診断された。
処置室でまず患部を氷嚢で何分か冷やす。
この氷嚢ってやつがどんな箇所でもフィットする上、冷たすぎないのでカチコチの保冷剤でどうにかこうにか冷やしていた私には素晴らしい品に見えた。
この後300円ショップで以前氷嚢を見かけたことを思い出して買いに行くも売り切れ。
世の中は私より早く氷嚢の素晴らしさに気づいていたらしい。
シーネ+包帯+テーピング+包帯
冷えピタとアイスノンあれば要らないしだいたいどこにしまっておけばいいのだと思っていた。あの時の自分の想像力の無さがうらめしい。
今回はシーネ固定とい方法で今回無傷の薬指を添え木代わりに折れた小指と一緒に固定してもらう。

包帯の巻き方は何度も凝視したのだが覚えられそうにないので自分での巻き直しは不可能と心得る。
最後にパッドを2つ足にくっつけて電気がピリピリくる機械を10分くらいあてる。
眠れないほどの痛みはないので投薬なしで本日は終了。
今後は週に一度のレントゲンと診察。(レントゲンは1週間後じゃないと撮影できないそう。)しかし暑い時期なので3日に一度くらい包帯の巻き換えに通院することを勧められた。
なんとか本日新調したビルケンシュトックのギゼのベルトを一度外してムギュっと締めればなんとかはけた。重宝したのは夫の散歩用のメンズのGUのニットスリッポンシューズ
はき口がソックスのように広がっているので、着脱しやすくなっています。アッパーに伸縮性のあるニット素材を使っているので、足にフィットします。通気性が抜群だからこれからの季節にぴったり。
というGUのご説明通り骨折に最適。多少の雨なら通勤も可能だった。
GUのニットスリッポンシューズ
・靴はニットスリッポンシューズ及びビルケンしか履けない
・お風呂にビニール袋を履いて入る(湯船には浸かれない)
・歩き方が不自然。スピードはさほど変わらず歩ける。
骨折とはいえ幸いこの3点くらいしか不便はなかった。

6/14言われた通りに3日たったので包帯を巻き直しに行く。
前回同様、氷嚢で冷やしてもらう。電気をあててもらう。
テーピングと包帯を巻き直してもらって終了。
先生に「歩けない程痛くないんです。」と申告すると、
「痛くなくても折れてるからね。今体重かけるとズレちゃうから。骨がもっとズレてたら固定する前にひっぱってなおすこともあるよ。」と痛そうなことを言われた。
かかとか足の内側のエッジを使って小指を地面につけないように歩くことを勧められた。

6/18骨折から一週間目。レントゲンでは問題なし。包帯を巻き直してもらう際に足を拭こうとしたらダメージのないはずの親指側に内出血が移動している。気持ち悪い。
先生に確認すると内出血は重力で移動するらしい。内側を地面につけて歩いていたので内出血が内側に移動したのだと。普通に歩いていたら足の裏に移動して消えるんだって!
腫れはだいぶ引いたので冷やしは無しで電気をあててもらって帰る。

6/26仕事の都合と慣れにより前回から一週間後の通院。
実はおととい足が拭きたくて拭きたくてテーピングごとズボッとはずしてしまった。
一週間拭けないと気持ち悪くて仕方ない。いつもは病院で拭くだけだけど家ではずしたので足を洗っちゃえー!とおもってお風呂場でぬるま湯をかけて軽く撫でたらバラバラバラとすごい量の垢が出た。皮膚なくなるかと思う勢いで出て行った。夢中で洗った。
そして昨日取れちゃいましたという顔をして病院に行った。
レントゲンでは素人目にはよくわからないが新しい骨ができてきているということで順調。電気をあててもらい、若干きつめに巻き直しをされ終了。

7/3骨折から3週間、レントゲン確認で良好だった為シーネ固定が外れました。脱着可能なテーピングのみ!
電気をあててもらう時間も心が軽い。お世話になったシーネをお土産にもらって帰る。
・スーパーのビニール袋無しのシャワーが可能になった。
・自分用のスリッポンが履けるようになった。
次回、回復に問題なければリハビリ無しで卒業。
グーパーして動かす練習を勧められた。

卒業結果とまとめは次のページ